人気のカラコンランキング特集
カラコンランキングスタイル > 自分にあったカラコン選び > カラコンの製造方法による違いは?

カラコンの製造方法による違いは?


カラコンの製造方法で主流なのは

カラコンの製造方法は「サンドイッチ製法」と「キャストモールド製法」が主流ですが、他にも「セミキャストモールド製法」と「スピンキャスト製法」があります。

キャストモールド製法は、溶かしたレンズの原料と色素を混ぜ、レンズの形にかたどった鋳型に入れて鋳造(キャスト)する製法です。
カラコンを、極力薄く眼に負担のかからないようにするために生み出された製法ですが、カラコンが薄くなるので傷つきやすく、取り扱いに注意が要ります。

サンドイッチ製法は、色素をつけた部分を2枚の薄い膜でサンドイッチ(はさむ)した構造にする製法で、色素が直接眼に触れることがないので角膜が炎症を起こしにくく、最近は技術も進歩して非常に薄いカラコンも製造できるようになっています。

製造方法ごとに安全性でも違いが

セミキャストモールド製法は、キャストモールド製法を進化させ、レンズの表面を着色し、表面にポリマー素材でコーティングする手法により、キャストモールド製法では厚くなってしまう欠点を補っています。

スピンキャスト製法は、回転する機器の上で遠心力を利用してレンズを製造する方法で、バリやエッジの不良が出にくく、快適な装用感を実現できます。
主に「台湾製」の「高度医療機器」で造られたカラコンです。

製造方法も、カラコン選びの参考に

カラコンの安全性やつけ心地は製法で異なり、安全性の面では、サンドイッチ製法が最も安全な製法になります。
キャストモールド製法は、その薄さから、つけ心地はサンドイッチ製法よりも良くなります。
ただ、どの製法が一番良いか、というのは一概に言えません。

ただ、製造方法の違いを知っておけば、他のチェックポイントと合わせて、より広い視点を持つことが出来るようになり、カラコンを購入する際の参考にもなります。