人気のカラコンランキング特集
カラコンランキングスタイル > 自分にあったカラコン選び > 度ありと度なしは、値段で違いがあるのでしょうか。

度ありと度なしは、値段で違いがあるのでしょうか。


度ありカラコンの方が高い?

カラコンには度ありと度なしがありますが、やはり、度ありの方が価格的には高くなります。
通常は、度なしと比べて、度ありは製造コストがかかるため、3倍くらいの価格になるようです。

マンスリータイプの場合、最近は度なしの2枚入りで2,000円以下の価格のカラコンも増えています。
度ありの場合 1箱1枚入り、両眼の2箱で3,500~4,000円くらいが相場でしたが、度ありでも、最近は1枚入り×2箱で2,000~2,500円の商品も数多く出回っています。

2箱で2,000円を切る度ありカラコンも、ドンキホーテなどのカラコン通販サイトで販売され、高度管理医療機器のカラコンなので品質的にも問題ありません。

度ありカラコン選びの注意点は

優良カラコン販売サイトだと、度ありと度なしで値段の差はあまりない、というところも増えています。
ただ、度ありのカラコンを購入する際は、度なしのものよりも慎重にならなければいけません。

処方箋なしで購入できる通販サイトでも、度数を明確に把握している事を条件としているところがほとんどです。
装着した時にトラブルが生じないようにするためには、カラコンだけでなく自分の眼の状態も把握しておくことが大事です。

カラコンを上手に安全に使うために、自分の眼の状態に合ったものを選ぶことです。

度ありカラコンは自分の目に合ったものを

度入りのカラコンを装着すると、普通のコンタクトを入れた時と、見え方が少し違う、と感じる人も結構多いものです。
この場合、BC(ベースカーブ)が目フィットしていない可能性があり、目に合わないカラコンを装着するのは目に良くないので、医師の診断を受けて装着するほうが良いでしょう。

度ありの場合は、度なしのようにワンデーのものは無く、長期間使用するタイプのものばかりで、長く使用し続けることになるので、慎重に選ぶと同時に、日常のケアも心がける必要があります。