人気のカラコンランキング特集
カラコンランキングスタイル > 自分にあったカラコン選び > 着色直径はイメージ選びで大事となります。

着色直径はイメージ選びで大事となります。


着色直径は黒目部分の大きさ

カラコンの箱や説明書には、DIA(ダイア)・BC(ベースカーブ)・着色直径などの用語が書かれています。
このうち、着色直径とは、レンズの色がついている部分の直径サイズのことです。

DIA(直径)は、レンズ全体の直径サイズで、着色直径とは異なります。
デカ目やナチュラル感など、カラコンを装着した際のイメージの判断基準や装着イメージの参考となります。

着色直径は黒目の大きさで、小さいもので12.5mm、大きいものだと14.5mmを超えるものもあります。
メーカーが同じで直径が同じでも、少しばかりのデザインの差で、盛れるシリーズや自然なシリーズなどの差が生じることになります。

着色直径で生じる効果は?

着色直径が13.1mm以下だと、裸眼とほぼ変わらない小さいサイズで、小粒目の人や、元々黒目自体が小さい人に向いています。

13.2~13.4mmになると、裸眼より一回り大きくなり、少し変化が生じますが、まだナチュラルな感じで、自然に可愛く見せやすくなります。

13.5mm~13.7mmだと、裸眼より一回りか、もう少し大きいサイズで、くりっとした感じになりますが、デカ目サイズほどでもありません。

13.8mm以上になればデカ目サイズとなり、元々目幅や黒目が大きい人でも変化を感じられるくらいになります。

白目と黒目の比率を考慮して

日本人の黒目サイズの平均は、約11.5~12.5mm未満と言われ、黒目自体の大きさにはあまり個人差はありませんが、白目との比率で小さく見えたり大きく見えたりします。

大体、白目:黒目:白目の比率は1:1.5:1と言われています。
これに対し、理想的な瞳の黄金比率は白目:黒目:白目の比率で1:2:1とされています。

日本人の平均的な大きさの瞳には、直径13.8mm~14.5mmのカラコンが合うようです。
あまりデカ目になりすぎないよう、よく考えてカラコンを選ぶことです。