人気のカラコンランキング特集
カラコンランキングスタイル > 自分にあったカラコン選び > コスパを考えたカラコン選びの方法は?

コスパを考えたカラコン選びの方法は?


ワンデータイプはコスパが悪い?

カラコンには、ワンデータイプの他、ウィークリータイプ、マンスリータイプがあります。

ワンデータイプの場合、名前の通り、一日しか使えないので、他のタイプと比べて、コスパが悪いような気がしますが、実際はどうなのでしょうか?

確かに、長期的に見て、1年間毎日使い続けるとしたら、やはりマンスリータイプの方がコスパは良くなります。
ただ、もう少し現実的に考えて、1ヵ月間のうち、2週間に1回程度しか使わないのなら、どのタイプでもコスパとしてはあまり変わらないようです。

最近は、よりコスパを考慮して2ウィーク6枚入1箱で2000円くらいのカラコンも増えています。

各タイプのメリット、デメリットをよく考えて

ワンデーカラコンの場合、使用後の洗浄・保管の手間がかからない、というメリットがあります。
カラコンを毎日使用せず、必要な時だけ使いたい、というのなら、コスパ的にもさほど気にならないようです。

カラコン初心者のうちは、まずはワンデータイプから始め、洗浄・保管など、日常のケアがきちんと出来るようになり、使用頻度も増えたのなら、ウィークリータイプやマンスリータイプに変えてみる、というのも、コスパを考えた使い方になります。

コスパとともに、安全面も考慮してカラコン選びを

普段はカラコンを装着しないけど、週末などのレジャーのときだけカラコンを使いたい、という場合、ウィークリータイプなどよりもワンデータイプの方がコストパフォーマンスは良くなると言えます。

毎日でもカラコン使いたいのなら、ウィークリータイプやマンスリータイプのカラコンの方がコストパフォーマンスは良くなります。

ただし、コスパだけでなく、やはり安全面も大事です。
カラコンを使うたびに洗浄・消毒・保管がどうしても面倒、というのなら、多少はコスパが悪くなることはやむを得ないと考え、ワンデータイプを使用した方が良いことになります。